カードローン低金利の業者比較

金利を抑えたければ銀行カードローンがお得

手軽にお金を借りるには、カードローンの利用が最も便利です。カードローンは全ての手続きWEBサイト上で行えますので、利用開始まで店舗を訪れたりする必要がありません。最短で申込み当日に借入を利用することも可能ですので、急な出費にも対応出来る便利なサービスです。
カードローンを利用して融資を受けた場合は、元本に利息をプラスして返済を行うことが必要となります。金利は業者によって様々ですので、利息負担を抑えたければ出来る限り低い金利のカードローンを利用することが必要となります。
カードローンは銀行系と消費者金融系に大別することが出来て、一般的には銀行系カードローンの方が金利は低く設定されております。消費者金融系カードローンも以前のように利息制限法の上限金利を超えたグレーゾーン金利を採用しなくなりましたので、金利は20%以下に制限されて銀行系カードローンとも大きな差は無くなりましたが、依然として銀行系の方が金利面では有利です。
金利は実際の借入金額ではなく利用可能額に応じて設定されますので、例えば利用可能額が100万円で金利が14%の場合と、利用可能額が500万円で金利が6%の場合を比較して、共に50万円の借入を利用したとしても適用される金利は14%と6%という風に大きな違いが発生します。カードローンは決して利用可能額の満額を利用しなければいけ無い訳ではありませんので、金利負担を抑えたければ出来るだけ高い利用可能額で契約することが必要です。もちろん利用可能額はあくまでも審査によって決定されますので、希望すれば誰もが高い利用可能額で契約出来る訳ではありません。
銀行系カードローンの中には、その銀行で住宅ローンを利用していればカードローンの通常金利よりも更に0.5%程度引き下げるサービスを行っている場合もあります。元々金利が低く設定されている上に、更に金利を引き下げることが出来ますので、消費者にとっては嬉しいサービスです。
金利は毎日必ず発生しますので、利用するカードローンを選ぶ際には金利の低さに着目することが必要です。

カードローンの各会社のメリット・デメリット

カードローン会社にはさまざまなものがありますが、それぞれの取り扱っている会社によってメリットもデメリットも存在します。

    消費者金融系

  • メリットは、カードローンの審査が早くパートやアルバイトの方でも借り入れることができる点です。
  • デメリット面では、金利が銀行系にくらべ高く設定されていること、貸金業法により年収の3分の1までしか借り入れができないことです。
    信販系

  • メリットは、元々持っているクレジットカードにカードローン機能が付いているので、借り入れがしやすいことです。
  • デメリット面では、借り入れがしやすい分借りすぎてしまうことが多く、金利が高いことです。
    銀行系

  • メリットは、消費者金融に比べ金利が安いところ、デメリットは審査が遅いことが多く、それなりの収入がないと審査落ちすることが多いところです。
  • カードローンで借り入れる前に、自分の状況ならどこからが借り入れしやすいか、状況を把握しておくことが重要です。

カードローンの審査で重要な属性と信用情報って?

カードローンの審査で最も重要なポイントは、属性と信用情報です。
属性とは申し込み者本人の年齢や職業・年収・家族の有無・持ち家の有無・住居年数などの個人情報の事です。
最近では固定電話が無い家もありますが、申し込みをする場合には携帯電話番号以外にも、自宅の固定電話の番号も記入した方が審査での評価につながったり、賃貸か持ち家か、結婚して家庭があるかどうかも審査対象になります。
そして審査の中でも重要なポイントとなる個人情報とは、今現在や過去の借金の返済状況やローン返済など、過去に借金の延滞をしていないかどうかなどのことで、もし延滞や借金が滞っていた場合には、審査段階で落とされてしまいます。

提携しているATMの少ない状態

銀行によっては大量の会社と提携しており、あらゆる場所でもカードローンを利用することが可能です。しかし小さな銀行のカードローンだったり、地方限定のタイプであれば、提携しているATMが少ないため、あらゆる場所で使えません。これは利用しづらい点に繋がっており、キャッシングよりも利用範囲が狭まっている状態です。
銀行側は決められている方法以外で貸してくれることが無いため、元々借りやすいという部分には視点を置いていません。沢山の金額を低金利で貸すことが一番の目的となっているので、カードローンはATMで利用できる範囲が狭くなっています。

低金利のカードローン

銀行の低金利カードローン

低金利のカードローンでお勧めできるものは、何といっても銀行のカードローンでしょう。消費者金融のカードローンに比べると金利が低く、利息の支払いが楽なのは銀行のカードローンです。しかし最近では銀行カードローンの審査をパスする …

低金利のカードローンの正しい使い方とは

低金利のカードローンは金利が安く多くのお金を借りる時にも効果的で、今後の生活の必需品を購入するなど様々な目的で有効活用できます。自分に適したカードローンを探す方法は金利の金額やサービス内容を比較し、今後の収入の状況を考え …

PAGETOP
Copyright © カードローン低金利の業者比較 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.